フラワーシャワーはもう定番!カジュアルなフラワーコーン | ウェルカムボードのお店photoria ブライダルのアイテム制作

2020/10/29 08:58

下記は例です。文章に画像を交えてご自由にお書きください。
また1枚目に挿入する画像は、アイキャッチと別の画像をお願いします。


ブライダルアイテム 制作のPhotoriaです。


もうすぐ1122日。(いい夫婦)、1212日はダーズンローズの日。

など、結婚式にゆかりのある語呂合わせの日がやってきますね。


秋頃から新しい様式を取り入れた挙式が始まり、少しですが、賑わいが出てきたように感じます。


今回、当店では結婚式シーンで既に定番化した、フラワーシャワーのコーンをご紹介します。


フラワーシャワーとはチャペルからできた新郎新婦に花びらをまいてお祝いすることで、

おふたりの門出を祝うとともに、災いから守り、幸せを願うという意味が込められています。




最近ではお花の代わりにリボン、星の形に切り抜いた紙吹雪、ふわふわのフェザー(羽)など

お祝いに使うアイテムの種類が増えてきました。(^ー^)アイデアいっぱいですね!


一般的にフラワーシャワーはカゴに入った状態なのですが、海外では専用コーンを使うのが主流となっています。


クラフト紙を使った、カジュアルな色合いは温かみがあり、

お花が詰まったコーンを並べておくと、かわいいディスプレイのようです。



どんな時代も結婚式は特別な行事です。


なくなることはないと思いますし、これからもオリジナリティー溢れる結婚式が

どこかで執り行われていくことでしょう。


大切なゲストと過ごす時間はかけがえのないものです。


Photoriaではブライダルでも使え、ハンドメイド作家さんにも使えるタグや、ディスプレイ用商品を取り揃えております。


遊びにきてくださいね。

お待ちしています(^ー^)