【結婚式のこと】エスコートカード ディスプレイ | photoria

2020/08/23 17:39

コロナと共存している現在の新しい結婚式では、従来のようにたくさんのゲストを招待すると言うより
身内や少数の友人と共にお祝いをするという雰囲気です。
式の延期、延期を繰り返し、最終的には20人前後の小さい披露宴にしたと言うお話も聞きました。

月日をかけて準備をしてきたプレ花嫁さんにとっては心の整理がなかなかつかないことかもしれません。
複雑ですよね。

逆に人数を少なくしたからこそ質にこだわる新郎新婦さんもおられると思います。

当店で人気上昇中の30名様セット

このごろではエスコートカード30名様セットのお問い合わせもいただいております。

 

Photoria

ありがとうございます。

 

今までは70名、60名セットが人気でしたが、ここにきて少数人数セットのアクセスも増えてきました。

もしかしたら延期していたけれど急遽、規模縮小したもので式を挙げられる人もおられるのかもしれないですね。

 

家族の事情、身内の健康上の問題、お二人の仕事の都合があり、延期するにも限界がある方もおられるのかなと思います。

持病持ちのおじいちゃん、おばあちゃんが元気なうちに、とかプレ花嫁さんの中にはお腹に赤ちゃんがいて、このタイミングでないと!って言う

事情もありますよね。

 



こんな時期なので、ご注文いただいた商品に関してはなるべく早く、大至急、早急に対応したいと思います。

現在、ディスプレイ用の枠だけ割引して販売中ですが、ご注文いただいて2日以内に発送する予定でいます。

本当に応援したいのです。(*´▽`*)ゞ

(あまりたくさんの場合にはお客さんに事情を説明して、何日後の発送になるかのご案内はいたします。)

コロナに負けず、みんなが楽しく、ワクワクするような演出はどんどんして欲しいです。

結婚式をするからには、制限があるなかでもお二人が自由に、楽しく企画していって欲しいと思っています。

 

Photoria

楽しいこと、できること、ある!

 

確かに。
今までの生活様式のあり方を根本から覆す、すごい自然現象だし、結婚式あり方も変えていかなければならない強烈な時期です。
だからと言って「あれもできない、これもできない」ではなく、
こんな時の結婚式だからゲストにも楽しんでもらえるような、少しでも日常を忘れてもらえるような結婚式にしたいですね。

会えないからこそ人を思いやって感謝できる

私が思うこととして結婚式含め、冠婚葬祭は人と人が心を通わす大切なイベントであり、

規模が小さくなってもなくならないものだと思います。

無くなって欲しくないです。

新しい結婚式としてオンライン結婚式を紹介している番組や記事を見ますが、これはどうも味気なさを感じてしまいます。

それがダメな訳ではないけれど、臨場感に欠けると言うか・・・。(*;´□`)ゞうーん。なんとなくさみしいな。

感染リスクもなく、大勢の人とお祝いできるのですが、画面を通してだと伝わる熱量がちょっと減るのかなー?と言う印象です。

時間がきたら「じゃあねー」とブチっと画面切れるんでしょうか?

 

当たり前だと思っていたのに、その日常さえ普通では無くなってしまいました。
だから私は本当に自分の周りの友人や家族の健康を気遣うことが多くなったように思います。

ちょっと人と会話ができるとこんなにも安心し、気持ちが上がるんだなーって実感しています。


ゲストもお祝いしたいと思ってる
本当は結婚式なんて「婚姻届」さえ提出したらいいのかもしれない。

しかし、ゲストに自分の新しい門出を見てもらい、お祝いしてもらうことで全員にかけがえのない思い出ができますね。

また、自分はこんなにも温かい人たちに囲まれているんだということを今まで以上に感じると思います。

お家時間が増えて、考えることがものすごく増えましたね。

逆にこれを逆手にとって手作りアイテムの時間に当てている人もいるかもしれないです。
小さい結婚式となったとしても、家族と友人たちを分けて二部制で披露宴するという結婚式場のプランも出てきています。

どんな時代にいても人が人をお祝いしたいと言う気持ちは変わらないと思います。

見ず知らずの、この私でも他人の結婚式をみて感動したり、テレビで延期、中止のインタビューを聞いて心が痛んだりします。

特に結婚式なんて、私もみなさんから幸せのパワーをいただいています。

ありがとうございます。