【仕事のこと】サイト運営の経験を通じて新しいことに挑戦中 | ウェルカムボードのお店photoria ブライダルのアイテム制作

2020/03/16 10:17


ネットショップ運営の仕事に関わって10年以上経ちました。

当時勤めていた会社が出店していたのは楽天、ヤフーの知名度のあるショッピングモールで、

どちらも急成長し始めた時期というのもあって、ちょっとセールをしたり、特集ページを作るだけでもアクセス数があり売り上げにも繋がった時代でした。

そんな会社員時代を経て、今はワードプレスやBASEと組み合わせたサイト運営をしており、試行錯誤しながやっています。

 

最近では自分でサイトを運営しているということからクリーマやラクマ、BASEへの出店の仕方やシステムについて聞かれたり、

ワードプレスのテンプレを使ったサイト制作の相談も受けました。


個人会社でも企業でもネット販売、運用、集客についての悩みは同じでシステム料金が安く、高い広告費を使わないような手法で可能性を探っています。

また、WEB担当者がいない状態で販売サイトだけ持っており、日替わりでスタッフが対応に当たっているというとこもあります。


今だにサイトもってるから売れるだろう、と思っている人もいるので、その辺を説明してもまだ理解してもらえない事もあります。


 


新しいサービスも勉強してます


サービスやアプリがどんどん出てくると億劫になりがちです。興味がなくても使ってみないとわからないことだらけです。 私も「勉強のため」と思ってとりあえず新しいサービスについて調べますが、今までのものと何が違うのか

?よくわからないので 判断基準として長く運用していけるものなのか?自分のサイトに適切なのかな、と言う点を考えて使い分けています。

なんでも登録して利用した方が裾野が広がっていいと思いますが、運営に支障が出てしまいます。

少人数でやってる会社だと WEBの更新だけで仕事が終わってしまい本当の仕事が進まなくなってしまいますね。

その新しいサービスの雰囲気が業種にあっているかどうかの判断で使い分けすることが大切だと思いました。

こうやってブログを書いている間にも新しいものがどんどん増えているんでしょうねー

サイトやショップを作るだけでなく、自分でSNSをうまく活用して発信できる力をつけていきたいなと思っています。

 

 


BASEとインスタやクリーマをつなげて買い物ができるサービスはおすすめです。

今BASEのシステムから委託販売ができたり、広告を出したりなど連携できることが多くて使い勝手がよくなりました!


今、個人的にスライドショー作りが面白い


この頃は動画作りにも興味があって勉強したいなと思ってます。

というのも、新商品アピールのための45秒の宣伝動画(スライドショー)をお願いされ、それを作ったことがとても面白かったからです。

担当者さんには喜んでいただけました。


私自身そんな知識はないのでMac内に装備されているアイムービーのテンプレを使って作ったものでしたが、映画の宣伝のようなスピード感ある仕上がりに

とても嬉しくなりました。

その後、またテンプレを使ってPhotoriaのスライドショーを作ってみたところ、これもまた楽しかったです。

 

準備した画像をポンポンとテンプレに貼り付けるだけで音楽付きの動画が完成するこの手軽さがテンプレだからこそ初心者でもできる!

本来の動画ってスマホなりハンディカムで撮影したものを切ったりつなげたり、テロップを入れたりしてストーリーを持たせるものなんだと思いますが、初心者の私はまずはスライドショーをストーリー仕立てに作っていく方から練習していきたいと思っています。

 


そしてブログ100記事達成!


ブログに関しては100記事目指すところからやりなさい」と言われています。 それだけやったからすぐ結果が出るかどうかは別で、ここからがまた長い戦いとなります。

はじめのうちは何を書こうか、どんなふうに文章にしよう?と定まらないことばかりですが、定期的に更新しているとやらなきゃ、と言う気持ちにもなってきます。私の場合、毎日は難しいので二、三日に一回、もしくは一週間に必ず一回は更新する、という目標を掲げています


ネタは色々あっても文書にするって難しいことです。

初めから文章が上手い人もいないですね。もちろん私もまだまだ未熟です。

文章の上手い下手も影響はあると思いますが、伝えたいことを自分の言葉で記事にすることからはじめています。


アウトプットの場ができました

現在、クリーマのサイト運用のお手伝いもしています。

画像を作ったり、タイトルや説明文を組み立ることもさせてもらって光栄だなあと思います。

沢山の作家さんがいる中で見つけてもらい、購入してもらうためには真剣に商品と向き合わなきゃならないので、言葉選びも時間かけて考えます。

自分のサイト以外にお手伝いすること自体、私にとって勉強となり、インプット、アウトプットの場となっています。

Photoriaの商品企画、制作だけでなく、ちょっとずつ仕事の幅が広がっていることにありがたさを感じているこの頃です。


顔が見えないから丁寧な説明を

ネット販売は画像がならんでいますだからこそ、画像の質や雰囲気がとても大事だと思います。

私も買い物をするときはまず素敵な画像だなあと思うものをクリックしてしまいます。

ネットだからこそ対面販売とは違う配慮は大切だと思いますし、不快感、不信感を与えないようなサイト作りを心がけています。